透析

人工透析が必要な病気とは?

笑顔の女性

私は岡山に住んでいます。私には、糖尿病で岡山の人工透析を受けている知人がいます。人工透析とは、簡単に言うと腎不全が進行して腎臓が働かなくなる時に腎臓の役目を代行する治療方法です。腎臓は、私達の体内を流れる血液を濾過して、老廃物や必要ない余分な塩分を尿として体外へ排出し、その過程でやはり体にとって必要なものであれば再吸収してくれる重要な臓器です。ですが腎不全が進行し、腎臓がうまく働かなくなると、尿が出にくくなってしまい、その結果、私達の体に老廃物や毒素が溜まったままになり、尿毒症を引き起こしてしまうのです。
そうならないように、人工透析によって、定期的に血液をろ過し、不必要な老廃物・毒素・塩分を体外に排出する必要があります。腎臓の代行というくらいですから、人工透析が必要なのは、腎臓疾患にかかってしまった場合です。主に、糖尿病性腎症や慢性腎炎の患者さんで、腎移植を受けられていない方がこの治療を受けられています。
糖尿病性腎症は、高血糖状態が続くことで、腎機能が損なわれる病気です。糖尿病が悪化すると併発することがあります。慢性腎炎は、腎臓病の中で最も多い病気で、主な症状は血尿、たんぱく尿、高血圧です。いずれも投薬だけでは対応できないくらい重症の場合、透析が必要です。透析は体力を消耗しますので、岡山で治療を受けた日は無理をせずしっかり休んでください。治療と共に、充分な休息と規則正しい生活を心がけましょう。

透析に必要な「シャント」とは

岡山で人工透析を受けるためには、まず、「シャント」と呼ばれる血管を作ることが必要です。シャントについては、透析患者以外にはあまり知られていませんが、透析をする上で非常に重要なものです
シャントとは、動脈と静脈を直接つなぎ合わせ、人工的に作られた血管の事です。なぜ繋ぎあわせる必要があるのかというと、血管を太くして、静脈に流れる血液を多くし、人工透析の効率を高めるためです。岡山の人工透析では、シャントに針を刺し、そこから血液を外に出して、血液中にたまった老廃物を機械で取り除くことになります。
シャントを作る手術は、透析療法を始める1、2か月前に行います。シャントは右腕か左腕に作りますが、利き手とは逆の腕にすることが多いです。なぜかというと、シャントをした腕には強い力がかからないようにする必要があるからです。また、シャントをした腕に対し、注意すべきこととして、袖部分がしまったきつい洋服を着ないこと、腕時計をしないことが挙げられます。シャントは透析患者にとって生命線となるものなので、大切に扱う必要があります。
岡山でシャントをする際の手術には、外シャント法と内シャント法があります。どちらの手術をした後にも、痛みが伴い、熱が出ることもあります。人工透析をするうえで辛いことというと、シャントのことを挙げる人も多いです。

人工透析と家族

人工透析は正常に機能しなくなった腎臓に変わり、血液を体から抜き取り、清潔にしてまた体内に戻すというものである。透析は人によって違うと思うが、一日置きに病院に行き全て終わるのに岡山で約4~5時間かかり、機械に繋がっているため透析中は暇なものである。岡山で透析をするための設備は大きな病院か専門の病院しかないため、遠くの方から通院している人たちも多くいる。
岡山の山間部から通院している人などは雪などが降ると来られない可能性があるため、前日に長めに透析を行う。また、海外旅行など長期的な旅行に行く場合には出先で透析のできる病院を確保する必要がある。国内だと通院先の病院が紹介してくれるが、海外だと透析を行うこと自体に不安もあるだろう。家族はどうか、保育園や幼稚園、学校に行っているときは心配ないが、祝日や長期の休みはどうだろうか。ご飯や、事故に遭っていないかも心配になるだろう。
病気の人になりたくてなった人はいない、しかし病気にかかれば病気とともに生きていくことになる。それが、一生ともにする人もいる。家族が病気を理解し、互いに助け合っていくことが、今後の日本の高齢化社会の最重要の課題であろう。家族の支えが病気になった心を軽くする唯一の方法である。


透析を岡山でお考えなら
専門的な技術と知識を必要とする透析ですが、岡山でなら安心して行うことができます。しっかりとした実績をもつ病院で透析を受けることができるので、検討されている方は相談にいかれるといいでしょう。

おすすめの記事

TOP